ダイエットすれば妊娠線って消えるの?
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊婦さんの約7割が経験する妊娠線とは?
衝撃!!産後のたるんだお腹を戻すダイエットをしても妊娠線は消えない!?
実際に行って感じた!妊娠線の治療で評判の高いクリニックランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
  1. 衝撃!!産後のたるんだお腹を戻すダイエットをしても妊娠線は消えない!?

たるんだお腹を戻す方法

たるんだお腹を戻す方法

妊娠中に増えた体重は、産後が最も落としやすくなっています。特別ハードなダイエットをしなくても、食生活を野菜中心にするなどの見直しを行うだけで体重はどんどん落ちていくんですよ。

でも、体重が落ちても体型が戻らない・・・と悩む方も多いんですよね。10ヶ月近くも赤ちゃんがお腹の中にいて、皮膚も伸びてしまっているわけですから、これについてはしっかり元に戻す努力をしてたるみをきれいにしていきましょう。

まずは出産で疲れている身体を妊娠前の状態に戻すことが最優先です。お腹のたるみはどうするの?と思いますが、出産後6~8週間の「産褥(さんじょく)期」は子宮が収縮していく時期でもあり、分娩から4週間も経てば子宮の大きさは妊娠前くらいになります。このように大きな変化が身体の中では起こっているので、変化に合わせた適切な対策をする必要があるんです。

出産後すぐは体調を整えることを優先して、横になりながら産褥体操を行いましょう。その後、体調が徐々に戻ってきたと感じたら下で紹介している方法を少しずつ取り入れていくと身体に無理なく行うことができます。

骨盤の歪みを治すだけでウエストが-6cm?

骨盤の歪みを治すだけでウエストが-6cm?

さらにウエストを引き締めたい!という方には骨盤ストレッチがおすすめですよ。骨盤って歪みができることは皆さんご存知だと思うんですが、出産でも骨盤は歪んでしまうんです。骨盤の歪みをそのままにしておくとお尻などにお肉がつきやすくなりますから、できるだけ正しい位置に戻したいですよね。

そのために骨盤ベルトを使ってサポートをしてみるのもいいでしょう。ただ、注意点としてウエストやお腹を直に締めつけるようなウエストニッパーやガードルは産後1ヶ月が経過するまで使用は控えてください。1ヶ月経過する前に無理な引き締めを行うと、将来的に婦人科系の病気になったり、生理痛が悪化することがあります。きちんと身体の変化に合わせてあげてくださいね。

そして、1ヶ月経ったらガードルなどのほかに産後ストレッチを行ってみましょう。産後ストレッチの方法は以下の通りです。下の流れを一日2~3回でOKです。

① 仰向けに寝転がる

② 両膝をお腹の方に引き寄せて三角形を作る

③ 呼吸をしてから膝を90度まで持ち上げ、10秒間お腹に押しつける

④ お尻の近くに脱力する

⑤ 呼吸が整ってから足を伸ばして休む

この方法で1週間6cm減の方もいるそうですし、何よりとても簡単なので試す価値アリですよ!

ズバリ!たるんだお腹が引き締まっても妊娠線は消えません

ですが、ここで注意していただきたいことがあります。私の周りでも「ダイエットすれば妊娠線が消えると聞いてエステにまで行ったのに全然変わらなかった」「マッサージが有効だと本で読んだのにかえって悪化した」という話を聞くことがあります。

これらの方法は妊娠線の原因である真皮の断裂に直接アプローチすることができないため、改善はほぼ見込めません。ダイエットで刺激し、燃焼させているのは真皮ではなく、真皮の下にある皮下脂肪です。つまり、上で紹介した方法は体型を戻すためであれば有効なんですが、妊娠線の治療に直結はしないんです。

妊娠線の治療には血流改善ガス治療やレーザー治療が効果的とされています。自分の目的が体型を元に戻すことなのか、妊娠線を消すことなのかを見極めて、適切な対処をしてくださいね。