【番外編】妊娠中にやっておきたいことリスト
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊婦さんの約7割が経験する妊娠線とは?
衝撃!!産後のたるんだお腹を戻すダイエットをしても妊娠線は消えない!?
実際に行って感じた!妊娠線の治療で評判の高いクリニックランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング

強い体を作っておく

強い体を作っておく

妊娠、出産、産後は身体に大きな変化が訪れる時期です。当サイトで取り上げている妊娠線はもとより、体重の増加があったり、疲れやすくなったりもしますよね。こういった変化に適応するためにも、妊娠中から常に強い身体づくりは意識しておきましょう。出産を乗り切ったあとには育児が待っていますから、体力はつけておくにこしたことはありませんよ。

では、どんなことをするのがいいかというと、激しい運動を避けることが大前提です。激しい運動をして負荷をかけると流産の危険もありますから、あくまで適度な運動を心がけるようにしてください。

おすすめなのはスイミングやヨガといった軽い運動です。できるのであればスクワットやストレッチ、散歩・ウォーキングなど、時間と場所をあまり取らないものがいいと思います。どれも一日30分~1時間程度でいいですし、ほかにもマタニティヨガやマタニティエアロビクスなどを行っている方も多いです。

それと、意外に思われるかもしれませんが買い物や掃除といった家事全般も軽い運動には適しているんですよ。私も以前、テレビで料理をしながら太ももダイエットをしていたら足が細くなった!という方の特集を見たことがありますから、毎日コツコツ短時間でもちょっとした運動を続けることはばかにならないんです。

産後にできないことを今のうちにやっておく

産後にできないことを今のうちにやっておく

あと、これからママになる予定の方に、個人的に絶対にやっておいて欲しい!と思うことがあります。それが「産後できないことをしておく」ことです。

「ママになるとやりたいことがなんにもできなくなるよ」ってよく言われますよね。私は「またまた」と軽い気持ちで聞き流していたんですが、正直ものすごく後悔しました!子どもが産まれて夫と大喜びしたのもつかの間、夜泣きがひどくて眠れない日が何日も続いたこともありましたし、いたずらについつい怒り過ぎて落ち込んだり、もうとにかく忙しくてしょうがないんです。

私は夫がわりとよく育児を助けてくれる人だったのでだいぶ救われましたが、これで家事育児が完全に分担されている家庭だとどうなるんだろう・・・と思ってしまいます。ここで「あれ先にやっておくんだった!」ってストレスを溜め込んだらもう最悪です。旅行などはその先何年もできなくなるかもしれません。

なので、「いつかやりたい!」と思っていることは今のうちにしてしまいましょう。私が出産後に後悔したリストを載せておきますので、どうぞ皆さんも後悔しないようにしてくださいね!

・1人でぼーっとする(赤ちゃんをずっと見ているとなかなかできません)

・思う存分寝る!(夜泣きで何度も起こされる日が続きます・・・)

・友人たちと温泉旅行(赤ちゃんが大きくなるまでは連れて行けないです)

・幼稚園、保育園探し(保育園不足が深刻だからこそ、先に探しましょう!)