2人目の方が妊娠線ができやすいの?
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊婦さんの約7割が経験する妊娠線とは?
衝撃!!産後のたるんだお腹を戻すダイエットをしても妊娠線は消えない!?
実際に行って感じた!妊娠線の治療で評判の高いクリニックランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
  1. 2人目の方が妊娠線ができやすいって本当?

なぜ2人目の方が妊娠線ができやすいの?

なぜ2人目の方が妊娠線ができやすいの?

私もそうであったように、2人目以降の妊娠、つまり経産婦さんの方が1人目の妊娠よりも妊娠線ができやすいといわれています。1人目の妊娠で妊娠線ができる確率が50~60%とされているのに対して、なんと2人目は80%まで跳ね上がるんです。

なぜここまで差が出るかというと、理由は2つあります。

まず第一に、妊娠・出産経験がすでにある経産婦さんの場合、お腹が大きくなりやすいんです。これは私自身、2人目の妊娠のときにぼんやりと意識していました。1人目のときと比べるとなんとなくお腹が大きくなるのが早いような気がするなあ・・・くらいでしたが、産婦人科の先生に聞いたらちゃんと理由があることだったんです。

経産婦さんだとお腹の皮膚だけでなく、子宮も大きくなりやすいため、2人目の方がお腹が大きくなるのが早く、そして大きくなりやすくなっています。これは仕組みとしてはゴム風船がわかりやすいです。新品のゴム風船を膨らまそうとして息を吹き込んでもなかなか膨らみませんよね。1人目の妊娠はまさにこの状態です。一生懸命息を吹き込んで、苦労して風船を大きくします。

ですが、膨らませる前にあらかじめ伸ばしておいたり、柔らかくしておくなどの工夫をすれば、ゴム風船は何もしないよりはるかに簡単に膨らみますよね。妊娠でお腹が大きくなるのも同じような原理で、一度膨らんだものを再び膨らませるから簡単に大きくなってしまう・・・と考えられるんです。

経産婦食欲旺盛

第二に、2人目の妊娠ではどうしても1人目より余裕が出てきていることが挙げられます。「余裕なんてあるわけない!」って悲鳴が聞こえてきそうですが、慣れというのは妊娠でも出てくるものなんです。

妊娠中はお腹の子がいる分、食欲旺盛になりやすいのはよく知られていますよね。加えて、それまでは特に好きでもなかったものが無性に食べたくなったり、好みに偏りが出たりします。これ自体は悪いことではないんですが、2人目以降の妊娠となると「1人目のときは大丈夫だったからきっと平気だろう」という油断が生まれがちなんです。

そうした油断から食生活が乱れて体調管理・体重管理がうまくいかなかったりするケースがあります。特に多いのが産後ダイエットが終わらないままでの2人目の妊娠です。以前テレビで見たんですが、産後ダイエットが終わらずに2人目を妊娠した経産婦さんはひと目でわかるほどに太ってしまっていました・・・。

まとめ

Point! 妊娠線予防は2人目以降で特に大事になる!

① 経産婦さんは1人目のときよりお腹が大きくなりやすい

② 「1人目のとき大丈夫だったから」という油断が生じやすい

「きっと自分は妊娠線ができにくい体質なんだ」という思い込みも危険です。1人目を出産してちょうど育児の真っ最中だから、忙しさでついつい妊娠線予防の保湿クリームを塗るのを忘れてしまうのはしょうがない部分もあるかもしれません。でも、2人目だからこそ1人目より気をつけなければいけないということは覚えておかないといけないんです。

でももし妊娠線ができてしまっても、諦めないでください!妊娠線はずっと治療法がないといわれてきましたが、目立たなくしたり、薄くすることはできます。そしてきちんと治療法とクリニックを選べばわからなくすることもできるということも覚えておいてくださいね。