妊娠中に妊娠線を予防する方法を紹介
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊婦さんの約7割が経験する妊娠線とは?
衝撃!!産後のたるんだお腹を戻すダイエットをしても妊娠線は消えない!?
実際に行って感じた!妊娠線の治療で評判の高いクリニックランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
妊娠線を綺麗に消したい方必見!美容皮膚科クリニック比較ランキング
  1. 妊娠中に妊娠線を予防するには

妊娠線を予防するには

妊娠線を予防するには

妊娠線って、できてしまって落ち込んでいると「母親になった勲章だよ」と励まされることが多いと思います。私も夫からはそんな言葉をかけられました。でも、夫を責めるわけではないですが、それって全然励ましにならないことが多いんです。

妊娠線は経験してみなければ苦しさはわかりません。できてしまった妊娠線を自分だけで治療することが難しいため、いろんなサイトを見ても「予防」という言葉が目立ちますよね。妊娠線は何よりもまず、できないようにすることが大切なんです。

そこで妊娠線の予防法について詳しく説明していきます。

ひと月1kgの体重増加は妊娠線の危険信号!

ひと月1kgの体重増加は妊娠線の危険信号!

妊娠線の予防法は「体重」と「保湿」がキーワードです。ここではまず体重について説明していきますね。

すでに「妊婦さんの約7割が経験する妊娠線とは?」でも説明した通り、妊娠線の原因には急激な皮膚の伸びがあります。危険信号となるのは、「1ヶ月の体重増加が1kg以上」になっている場合です。妊娠線も「肉割れ」の一種です。肥満やダイエットで肉割れが起こるのと原理は同じですから、急に体重の増減があるのは妊娠線をできやすくしてしまうんですね。

妊娠で体重が増加するのは自然なことなので絶対に太ってはいけないというわけではありませんし、体重が増加しても妊娠線ができない方もいます。ただ、もともとの体型が痩せ型だったり、小柄な場合、お腹の皮膚の面積も少ないですよね。そういった方は妊娠線ができやすいので、特に体重のコントロールに気をつける必要があります。

体重管理に有効なのは軽めの運動です。妊娠中は激しい運動を控えるよう言われますが、ストレッチや水泳、ヨガなどを軽めに行うなら流産などの危険も少ないです。もちろん、かかりつけの医師に相談はしてみることをおすすめしますよ。ですが妊娠線は血流が悪いとできやすいものでもあるので、ほどよく身体を動かすことは妊娠線の予防になります。

予防クリームを選ぶコツ

もう一つのキーワードが保湿でしたね。これについても「妊婦さんの約7割が経験する妊娠線とは?」で触れましたが、肌が乾燥していると皮膚が伸びにくく、妊娠線ができる可能性が高くなってしまいます。

そこで私も行っていたのが妊娠線予防のためのクリームを塗ることです。特別高価な美容成分が入ったクリームではなく、妊娠線専用のものを選んで使用して毎日お腹に塗っていました。塗り始める時期は妊娠5ヶ月くらいからが良いとされますが、私は絶対に妊娠線ができるのが嫌で、妊娠がわかった日から塗っていました。

妊娠線予防のクリームを選ぶコツとしては伸びが良いものを選びましょう。私は一度失敗してしまったんですが、あまり伸びないクリームだと肌に何度も何度も塗らなければいけなくて刺激になるんですね。こすり過ぎて痛くなったことがあったので、毎日塗るものだからこそ刺激が少ないものを選びましょう。